私の母は糖尿病なのですが

  • 私の母は糖尿病なのですが

    • 私の母は現在64歳なのですが、5年ほど前から糖尿病を患っています。

      東京の歯医者の比較の有益性の紹介です。

      とは言っても、本格的に「糖尿病です」と宣告されたのはこの3年ほどのことで、それ以前は少々血糖値が高いだけの、所謂「糖尿病予備軍」だったので、病院で処方される薬も弱く、食事の栄養を吸収しにくくするものでした。

      大阪のシワ治療情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

      しかし、3年前に別の病気で入院した際に血液検査をしたら、立派な糖尿病と診断され、それからは血糖値のコントロールをするインスリンをより多く分泌するように促す薬に変わり、入院中の食事もすべて糖尿食でした。


      しかし、家に帰ってくれば、病院のように徹底したカロリー計算をされた食事を作ることは不可能に近く、出来ることと言えば、野菜を多めに、炭水化物を少なく、脂質や糖質も控えるという程度のことでした。

      おまけに、そんな母と同居している私は母の反対で、血糖値が低すぎるため、低血糖発作を起こして意識不明になったりするものですから、医師からは出来るだけ糖分を摂るように指導され、嫌々ながらも甘いものを間食する生活をしているのです。

      自毛植毛治療の情報収集がもっと楽になります。

      (血糖値が低いとは書きましたが、決して痩せているわけではないのです。

      まったく新しい脱毛症の種類の情報をご提供しています。

      むしろ肥満なので、これ以上糖分を摂って体重を増やすことは不味いのです。

      わきがの大阪に関する良い情報をご紹介するサイトです。

      )そんなわけで、家には常に甘いものが溢れているのです。


      そんな環境では、どんなに食べるのが危険だと分かっていても、母はついつい我慢出来ず、甘いものに手を伸ばし、ますます糖尿病が進行するのです。

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10155399195

      そうして血液検査をする度に悪くなる数値に、医師はついに母を強く叱りつけ、糖分摂取禁止令を出したのです。

      http://talk.m3q.jp/?topic_id=240&page=364

      そこまでされてようやく目の覚めた母は、現在、甘いものを食べたい欲求と戦いながらの何とか我慢し、2ヶ月前の血液検査では、初めて数値が下がったのです。

      http://news.mynavi.jp/news/2015/11/26/134/

      それが励みになったのか、母は精神的にも元気になり、「甘いものがなくても辛くなくなった」と言って、私がお菓子を食べる姿を見ても平然としています。


  • 関連リンク